FC2ブログ

えべっちゃんの町おこし奮闘記

えべっちゃんが三田の旧市街地を中心に町おこし。全国各地に出没し三田の魅力を発信していくブログです
Posted by えべっちゃん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by えべっちゃん   0 comments   0 trackback

冷やし甘酒

  
  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ     
若葉のライン 
暑い!
熱い!
ほんとうに暑いです。

・・・・で、こんなのはいかがでしょう?
暑いときこそ冷やし甘酒 
 
ここで、えべっちゃんの豆知識(ウンチクかも)コーナーえべっちゃん

「甘酒」の季語が夏であるということは、俳句を詠んでいる人や江戸文学に詳しい人にはよく知
られています。(えべっちゃんは、知らんかった・・・)
江戸時代、人びとは暑気ばらいとして、冷やした甘酒をよく飲んでいたそうです。
甘酒の成分には、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオン、必須アミノ酸、
ブドウ糖と、さまざまな栄養素が含まれています。米と米麹(こうじ)で作る本格的な甘酒は、
ノンアルコールのヘルシーな飲み物です。成分や詳しい事はわからずとも、暑い季節に飲
んだら元気になるということを、江戸の人びとは体験として感じ取っていたのかも知れません。
別説では、江戸の夏に大人気だった甘酒は、熱い甘酒で汗をかいて体温を下げるという
説もあります。

えべっちゃんブランドの甘酒の製造元は
地元さんだの東本庄の蔵元『安井酒造』さんです。

安井酒造さんの甘酒は香りや風味を整えるのが微妙な
上、麹が壊れないように瓶詰めするため、すべてが手作
業です。 滋味深く何とも優しい味わいの「甘酒」に造り手
の思いが宿っている、ほんとうに美味しい甘酒です。

特製甘酒は、生産できる数量に限りがある上、最近の
健康志向でお酒を控えるようになったサラリーマンや、
美白効果を求める主婦らから注文が殺到し、売り切れ
になることもあるという状態の中、快く「えべっちゃん」
ブランドを作って頂いて感謝しております。

暑い夏に涼しく心に沁みる甘酒をご賞味下さいね
地元さんだの蔵元さんです

ネットにこんな記事も出ていましたので、参考までに↓
甘酒は飲む点滴、飲む美容液だそうです(◎_◎;) おっ!   

効能の捕らえ方は人それぞれで、難しい事はわかりませんが、
この酷暑に、前記事の『つりしのぶ』の風鈴の音を聞きながら、
縁側で団扇片手に冷たーい甘酒は、少しエコな心になるような気がします(=^_^=) ヘヘヘ

そうそう、安井酒造さんの銘酒のご紹介をしておきます。

武庫の清流に育む うまきこの酒

清酒「武庫泉(むこいずみ)」
『 武庫の清流に育む うまきこの酒 』
酒銘のいわれは、蔵元のある三田市は武庫川の上流に
位置する田園地で酒銘はそこからつけられています。

甘口でやや濃醇な口当たりの良いお酒です。
香り高くまろやかなのどごしの生酒で
たいへん人気があります。

お酒のほかにも、自然の恵みをいっぱいにうけた「紫蘇ジュース」も手作りしておられます。
ご利用くださいね。

( ̄□ ̄;)あっ!甘酒「えべっちゃん」もよろしく!
さんだ村に置いてあります(結構人気商品なので、売り切れの際は再入荷を待ってね)

さんだ村明日、17日(日)18日(月)営業しております(^ _ ^)/~~よろしくです!
  


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ebessan.blog60.fc2.com/tb.php/168-df33dc98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。