えべっちゃんの町おこし奮闘記

えべっちゃんが三田の旧市街地を中心に町おこし。全国各地に出没し三田の魅力を発信していくブログです
Posted by えべっちゃん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by えべっちゃん   0 comments   0 trackback

涼しげな『つりしのぶ』~市原しのぶ園

  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ     
若葉のライン 
梅雨が明けた途端、ものすごい暑さ・・・・熱中症ご用心下さい!
この酷暑の中、緑の小宇宙で、一人涼んできた
ヒゲG特派員からの報告です。
わしが、ヒゲGじゃぞ!(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

そこは、、、、まるで、、、別世界やったそうです。
緑の小惑星が浮かぶオアシスやったそうです。

なんと、羨ましい時間を過ごしてきたのか(x_x)☆\(`´)おりゃあ~~

そして、 これが、あなたの知らない世界だ!

浮かんでいるのはスイカではありません  
まるで、空中に浮遊する小さなオアシス です。

ここは、市原しのぶ園

以前、ニュースステーションでも紹介されたり、各社の新聞紙面でも取り上げら
れている有名な、市原 誠 さんが園主さんです。
宝塚にある市原つりしのぶ園 
兵庫県宝塚市境野字鳶ヶ巣30
いろんな「つりしのぶ」が有ります 
700坪の敷地に、約18000個のつりしのぶが
栽培されているそうです。
この『つりしのぶ』は、4年かけて育てた苗を、丸い玉に植えて、宙に吊って、更に1年半、
水や肥料をやって育て、商品になるまでは五年はかかるそうです。
育てるのに何年もかかるものもあり、全部手作業ですから、とても根気のいるお仕事です。
園主さんも、奥様も大変苦労をされて、ここまで園をつくりあげてこられました。
釣りしのぶは、竹や針金を芯にして山苔を巻きつけ、その上にシノブの根茎を
巻き付けて、さまざまな形に仕立てたものです。

そういえば、何処かのお家の軒先で見かけたことが
有った様な・・・・・無かったような・・・(最近怪しい記憶の持ち主)

つりしのぶ豆知識
シノブは山地の樹木や岩肌に着生して育つシダで、強健で乾燥に強く、水が
なくても「耐え忍ぶ」ことからこの名がつき、そのシノブを吊るすことから
「吊り忍」といいますが、縁起よく「釣りしのぶ」と書くようになりました。

釣りしのぶは、江戸の中期ごろに庭師たちがお得意様へのお中元用に作り始め、
明治から昭和初期にかけて一般にも広まって、家々の軒先を飾るようになりました。
風鈴をつけたものも多く、その涼やかな音色とともに夏の風物詩になっています。


園主さんです。展示会や講習会で有名です箱入り娘です♪
 
  「風鈴の音とつりしのぶで、節電の夏を涼しく過ごして、季節ごとに変わる 姿を楽しんで
もらいたいですね」と 園主の市原さん。
箱入り娘のつりしのぶ、ひとつひとつが、市原さんの子供のように、大切に送り届けていらっしゃいます。

この、 風情のある、夏の風物の『つりしのぶ』ご自宅の軒下などに吊るしたり縁先に置いてみたら
いかがですか。きっと滴り落ちる汗の一筋、ふた筋くらいは減るかもしれませんよ。

近々、朝日放送の取材が有るそうで、TVで しのぶ園が放映されますよ
放映予定は7月20日(水曜日)午後6時17分ごろだそうです。
(注:野球中継などで変更が有るかもしれません)


ちゅうことで・・・・
ヒゲGにお土産もらいました  (* ̄ー ̄)vうふふ♪
おみやげです 
可愛いお花と風鈴付です。
鉄の風鈴はいい音がしますね。ガラスよりもずっと趣があります。
風鈴の音色を静かにゆっくり聞くのは贅沢ですよ、
皆さんも試してみてください。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ebessan.blog60.fc2.com/tb.php/166-a68195da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。